慶應義塾大学医学部生理学教室  特任助教の募集

慶應義塾大学医学部生理学教室特任助教募集(1,2 各1名 計 2名募集しております)

公募の背景:
(1)再生医療実現拠点ネットワークプログラム、疾患・組織別実用化研究拠点A(課題名:iPS細胞由来神経前駆細胞を用いた脊髄損傷・脳梗塞の再生医療)において、慶應義塾大学医学部内の細胞プロセシングセンター(CPC)でヒトiPS細胞由来神経前駆細胞を製造致します。それに伴い、GMP管理されたCPC内での細胞の製造及び品質検査を実施する要員を公募致します。とくに、ヒトiPS細胞の臨床応用への貢献に意欲のある方を歓迎致します。

(2)慶應義塾大学医学部生理学教室・電子顕微鏡研究室では、「革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト」に従事する専任の博士研究員・研究員を募集します。      本研究プロジェクトでは、主に電子顕微鏡を用いて霊長類脳の神経回路を網羅的に解析し、ミクロレベルの脳構造マップ作成を目指しています。

仕事内容:
(1)ヒトiPS細胞およびヒトiPS細胞由来神経前駆細胞のCPC内での培養。
上記細胞の品質管理(ゲノム解析、NGS解析、FACS,遺伝子発現解析など)や製造法に関する基盤的研究支援。

(2)電子顕微鏡を用いた脳の神経回路解析

募集人員: (1)(2) 各1名  計2名の 特任助教を募集

応募資格:
(1)生物系、理工系の大学卒または同程度の経験を有する方。
細胞培養および分子生物学的技法に関する経験が豊富な方を歓迎致します。

(2)コミュニケーション能力が高く、チームワークが得意な方。これまでの専門は不問だが、生物系サンプルを用いた電子顕微鏡の観察を行った経験があることが望ましい。            博士研究員は博士号取得者、取得見込者または同等の経歴を有する方。

待遇:(1)(2)
慶應の規定による(但し、経験による)、各種保険完備。
交通費支給(大学規定による)
詳細については、面接にて相談いたします。

募集期間:(1)(2)2016年 5月1日~7月31日まで 適任者決まり次第終了します(相談可能)

着任時期:

2016年05月01日 適任者が決まり次第締切ります (相談可能)

勤務形態:

常勤 任期あり

原則として年度ごとの更新、年俸制

応募方法:

  1. 履歴書
  2. 研究業績目録とこれまでの研究の概要 (習得した実験手技など)
  3. 応募者に関する問い合わせが可能な推薦者(2名以上)の氏名、連絡先
  4. 自分の長所短所、特技など自己アピール                                                                                     応募された書類の秘密は保持いたしますが、返却致しませんので予めご了承願います。

【備考】

提出していただいた書類は、個人情報保護規定に則り厳重に管理し、採用審査の用途に限り使用されます。これらの個人情報は正当な理由無く第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。

★(1)-(4)をE-mailにて送付、または郵送してください。
E-mail: keio.physiol@gmail.com
郵送先:
〒160-8582 東京都新宿区信濃町35
慶應義塾大学医学部 生理学教室
伊藤路依(イトウ ミチエ)宛て

問い合わせ先:
E-mail: keio.physiol@gmail.com

Posted in お知らせ | Comments Off on 慶應義塾大学医学部生理学教室  特任助教の募集

学部学生(4年)の今泉研人くんが、慶應義塾大学医学部の自主学習の表彰学生に選出されました。

当研究室で「ヒト多能性幹細胞からの領域特異的な神経誘導法の構築」というテーマで、実験を行っている学部学生(4年)の今泉研人くんが、慶應義塾大学医学部の自主学習の表彰学生に選出されました。彼は、自らの立案でこのプロジェクトを進め、既に二つの国際学会でこのテーマで筆頭著者として発表しており、現在原著論文も執筆中です。今後の益々の発展を期待しております。

2014-12-22 17.49.22

 

Posted in お知らせ | Comments Off on 学部学生(4年)の今泉研人くんが、慶應義塾大学医学部の自主学習の表彰学生に選出されました。

独立行政法人理化学研究所 和光研究所 脳科学総合研究センター   マーモセット神経構造研究チーム(チームリーダー:岡野栄之)では、 博士研究員を募集しています

研究の概要

当研究室は、遺伝子改変技術やMRIを用いた脳画像技術を用いて、小型霊長類コモン・マーモセットの神経ネットワークの包括的な地図(マップ)を作成することを目指している。

 

仕事内容

(1)  遺伝子改変コモン・マーモセットの新規作出技術の開発と遺伝子改変作出チームの立上げ

 

応募資格

生命科学系の博士号を有し、動物実験、細胞生物学、分子生物学などに精通している方。マーモセットを用いた研究の経験は問いませんが、新しい技術を習得するのに意欲的で協調性のある方。
英語でのコミュケーションができる方。First Authorの査読付き論文(英文)が3報以上ある方。

 

勤務地

事業所名及び住所: 埼玉県和光市広沢2-1 理化学研究所 脳科学総合研究センター内

ただし、研究の必要性に応じて、共同研究先である慶應義塾大学医学部(東京都新宿区信濃町35)や実験動物中央研究所(神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-12)で実験することもある。

 

待遇

単年度契約の任期制職員で、年度契約。評価により2019年3月31日まで再契約の可能性あり。5年目以降についても評価により契約延長もあり得る。ただし、プロジェクト終了またはチーム解散時は再契約を締結しない。

給与は、経験、能力、実績に応じた年俸制で、通勤手当、住宅手当の支給有り。社会保険の適用有り。
理研共済会(互助組織)に要入会。
休日は、土日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)、当研究所設立記念日。
その他、当研究所規程による。
※理化学研究所は、女性も男性も1人1人が能力を発揮できるよう様々な取組を行い、男女共同参画を推進しています。
http://www.riken.jp/careers/gender/

 

 

応募方法 締切日

[提出書類]

応募する方は、下記の応募書類を作成し、電子ファイル(PDFファイル)をメール添付で書類送付先E-mailアドレスまで送付のこと。

1.履歴書

2.研究業績

3.競争的研究資金を獲得している場合には、そのリスト

4.志望動機(今後の抱負など)

5. 応募者について意見を聞ける方、3名の所属、職位、メールアドレス、電話番号

[締切日] 適切な人材が集まり次第締め切ります。

(個人情報の取り扱いについて)
提出していただいた書類は、独立行政法人理化学研究所個人情報保護規程に則り厳重に管理し、採用審査の用途に限り使用されます。
これらの個人情報は正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。

 

 

選考方法

書類審査後、書類選考通過者のみ面接を行います。

着任時期

採用後なるべく早い時期(応相談)。

 

【問合せ先・書類送付先】

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1
独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター マーモセット神経構造研究チーム

アシスタント:保利育子 <採用専用メール:neural_arch@brain.riken.jp>

Posted in お知らせ | Comments Off on 独立行政法人理化学研究所 和光研究所 脳科学総合研究センター   マーモセット神経構造研究チーム(チームリーダー:岡野栄之)では、 博士研究員を募集しています